sp sp sp sp
books
  close 購入サイト  
  一本の線をひくと  (絵本こどもに伝える認知症3)  
  藤川幸之助(著) 寺田智恵(絵) 2020/09 出版  
  これは認知症について何も知らなかったおさない頃の私の話です
一本の線をひくと、場所が二つに分かれます。
自分のいるこっち側と、自分と関係ないあっち側。あっち側は別の世界だと思うことがあります。
ある夏の日、となりのクラスのかすみちゃんと、そのおばあちゃんに出会いました。
おばあちゃんはぼくを見て「グオーグオー」と声をあげます。
ぼくを自分の子どもだと思っているみたい……。
秋を迎える頃、認知症という別の世界に出会ったぼくの、
心にひいた一本の線はどうかわっていったでしょう。
詩人・藤川幸之助が書き下ろし、若手作家と組んだ『大好きだよキヨちゃん。』につづくシリーズ全5巻第3弾。認知症のことがよく分かる「​認知症の謎新聞」付き。

[著者からのメッセージ]
 「認知症を伝える」ではなく「認知症で伝える」

認知症を知識として伝えるのではなく、認知症の本人、家族、周囲の人の思いやつながりから学び、こどもの心を育てます。

園や家庭での読み聞かせや、小学校の教材に。
[最新刊]
クリエイツかもがわ
単行本
29
25.4 x 20.5 x 0.8 cm
 
 
line
  crfj